【Python】ダブルクォーテーション3つで理解しやすいコードを書こう!

Python ダブルクォーテーション3つ活用方法アイキャッチ
スポンサーリンク

あぶちゃです。

このブログでは、AI×Pythonの力で日常をもっと便利にするアイデアを発信しています。

悩んでいる人

理解しやすいコードを書く方法を教えて!

以上のような疑問にお答えしていきます。

この記事で学べること
  • ダブルクォーテーション3つを使う方法
  • Pythonのコードを見やすくするためのダブルクォーテーション3つの効果的な活用方法

本記事では、ダブルクォーテーション3つを活用して、Pythonのコードを見やすくする方法を解説しています。

Pythonのコードはわかりやすく書かなければ、、読み手にとって理解するのが非常に難しくなる可能性があります。また、自身が記述したコードでも時間が立てば内容を忘れてしまっており、コードの内容をすぐに理解できないといったことがよくあります。

そのため、コードを書く際はコードの読みやすさや理解しやすさを常に意識して記述する必要があります

ダブルクォーテーション3つを使い、適切にコメントを活用することで、Pythonコードの見やすさを向上させましょう!

この記事を読むことで、ダブルクォーテーション3つを使ったコメントを活用し、コードの可読性を向上させることができるようになりますので、ぜひ参考にしてください。

目次

ダブルクォーテーション3つとは?

Pythonで文字列を表現するには、以下の2つの方法があります。

Pythonで文字列を表現する方法

  1. シングルクォーテーション(’)を使った方法
  2. ダブルクォーテーション(”)を使った方法

しかし、上記の2つの方法だと、文字列を複数行に渡って記述することができません。

そのために使われるのが、ダブルクォーテーション3つ(”””)です。

あぶちゃ

ダブルクォーテーションを3つ使うと、複数行の文字列を1つの文字列として表現できます!

ダブルクォーテーション3つの使い方

ダブルクォーテーションを3つ使う方法は、簡単です

以下の例のように、記述したい文字列の前と後ろに3つのダブルクォーテーションを記述するだけです。

"""
これは、
複数行のコメントです。
"""
スポンサーリンク

ダブルクォーテーション3つの効果的な活用法

ダブルクォーテーション3つを使うことで、コードの可読性を向上させることができます。以下に、その具体的な活用法をいくつか紹介します。

コメント表現

ダブルクォーテーション3つを使って複数行のコメントを書くことができます。

コード内にコメントを記述することは、後でコードを読む人がコードを理解するために非常に重要です。

"""
コードや関数の概要説明や引数などを説明するためによく使われます。
このコードは、○○○をするためのコードです。
第1引数:○○、第2引数:○○
etc...
"""
print("Hello, world!")
#出力結果 : Hello, world!

ダブルクォーテーション3つで囲まれた文字列は、コメントとして扱われるため、上記のコードの出力結果は、”Hello, world!”のみです。

複数行の文字列を表現する

ダブルクォーテーション3つを使うことで、複数行にまたがる文字列を表現することができます。

複数行の文字列を表現する場合、通常の文字列の場合とは異なり、改行をそのまま表現できるため、可読性が向上します。

message = """
ダブルクォーテーション3つを使うことで
このように、
通常の文字列の場合とは異なり、
改行をそのまま表現できるため、
可読性が向上します
"""
print(message)
# 出力結果 : 
# ダブルクォーテーション3つを使うことで
# このように、
# 通常の文字列の場合とは異なり、
# 改行をそのまま表現できるため、
# 可読性が向上します

エスケープシーケンスを使わずに特殊文字を表現する

ダブルクォーテーション3つを使うことで、特殊文字をエスケープシーケンスを使わずに表現することができます。

エスケープシーケンスを使わずに特殊文字を表現できるため、可読性が向上するとともにコードの見通しがよくなります。

message = """
この文字列には、"ダブルクォート"文字と'シングルクォート'文字が含まれています。
また、エスケープシーケンスなしでバックスラッシュ(\)文字も含まれています。
"""
print(message)
# 出力結果 : 
# この文字列には、"ダブルクォート"文字と'シングルクォート'文字が含まれています。
# また、エスケープシーケンスなしでバックスラッシュ(\)文字も含まれています。

“最後に” Python ダブルクォーテーション3つ活用方法| まとめ

本記事では、ダブルクォーテーション3つを活用して、Pythonのコードの可読性を向上する方法を解説しました。

Pythonのダブルクォーテーション3つを活用することで、複数行の文字列や特殊文字を表現することができ、可読性の高いコードを書くことができます。

読み手が理解しやすいわかりやすいコードを書くために、必要に応じてダブルクォーテーション3つを活用してみてください。

Pythonのダブルクォーテーション3つをうまく使いこなし、見やすくわかりやすいコードを書いて、効率的なプログラミングを実現しましょう!

最後まで、お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あぶちゃのアバター あぶちゃ AI×Pyhonエンジニア

AI×Pythonの力で日常をもっと便利にするアイデアを紹介するブログ「AI Life Hacks」を運営中。
本業は、大手メーカーの機械系研究職であり、将来技術の研究やpythonによる機械学習などを用いたデータ分析に主に携わっている。

【実績】
20代で年収1000万を実現
5年間のドイツ駐在を通して、世界の最新技術に精通
訪れた国は30カ国以上

目次