AIツール「Catchy」でブログ記事作成を10倍効率化!レビュー&使い方を徹底解説

「Catchy」でブログ記事作成を10倍効率化アイキャッチ
スポンサーリンク

こんにちは。あぶちゃです。

「AIツールで日常をもっと便利に!」をコンセプトに誰でも簡単にAIツールを活用する方法を発信しています。

日常をより便利にできる「AIツールの3種の神器」を見つけるお手伝いができたら嬉しいです!

悩んでいる人

「Catchy(キャッチー)」を使ってどんなことができるの?

以上のような悩みを解決するため、AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」を紹介していきます。

こんな方におすすめ!!

  • 今、話題のAIライティングツール「Catchy」の使い方を知りたい!
  • 「Catchy」を使って、ブログ記事のアクセスを増やしていきたい!
  • 「Catchy」で、網羅的で質の高い記事を書く方法を教えて!

「記事を書いたけどアクセスが増えない…」
「がむしゃらに記事を書いているけど今のやり方があっているのかわからない」

と、ブログ始めたばかりの多くの方が「このままで収益化できるのか」と不安をかかえていると思います。

そこで、ネットやyoutubeなどで「アクセスを増やす方法」や「ブログの収益を増やす方法」などを検索している方も多く、アクセスを増やすためのアドバイスとして

  • 読者の悩みを解決できる記事を意識しましょう
  • とりあえず、100記事を書きましょう
  • しっかりとサイト設計をして記事を作成していきましょう

といったような情報を見つけたのではないでしょうか?

上記のアドバイスは間違っていないと思いますが、ブログを始めたばかりの人が以上のことを正しいやり方で実践してアクセスを増やすことは相当ハードルが高いと感じます。

仕事や家事をしながらだと、100記事を書くために1年以上の期間が必要ですよね。
読者の悩みを解決できる質の良い記事を書いていてもすぐにアクセスが増え始めるわけではありませんよね。

質の良い記事数を増やしていくことで、ブログが評価されて初めてアクセスが増え始めます。
要するに、アクセスが増え始めるまでは、あなたのやり方があっているのかどうかが判断ができないということです。

その間、本当に今のやり方であっているのかわからないと不安を感じながら記事を作成していかなければいけません。

さらに言えば、読者の悩みを解決でき、SEOで評価される質の高い記事を最初から書ける人は少ないと思います。
そんなことができるのは、一部のセンスがある人か運が良い方だけです。

実際に、初めてみないとわからないことは多いですし、記事数を増やしていき「アクセスがある記事」と「アクセスがない記事」を知ることで、どういう記事を書けばいいのかを体感として学ぶことができます。

あなたのブログの方向性が合っているかどうかを判断するために、「アクセスがある記事」と「アクセスがない記事」の違いを知ることが一番、重要ということです。

しかし、アクセスを増やしていく際に、多くの方がやっている「とりあえず、がむしゃらに記事を書きまくる」という今までの根性論の方法だと、あなたのブログの方向性が合っているかが判断できるようになるためには、かなりの時間が必要になっていまいます。

そこで、

アクセスを増やすために「記事を書きまくる」ということは一緒ですが、「より賢いやり方で」やる方法をおすすめします。

その方法とは、最新のAI技術を使ったAIライティングツールである「Catchy(キャッチー)」を使うことです。

「Catchy(キャッチー)」を使うことで、記事の作成を10倍効率化することができます。

効率的に記事数を増やしていくことで「アクセスがある記事」と「アクセスがない記事」の違いを最速で知ることができます。
また、他のブログと差別化するための独自コンテンツの作成にも時間をかけることができるようになり、記事の質を高められるという好循環を生み出すことができます。

記事の作成を10倍効率化できれば、雑記ブログで初めてアクセスが増えたジャンルに寄せて特化ブログにシフトするという戦略も取れますよね。

「Catchy(キャッチー)」は日本語で利用でき、AIライティングツールを使ったことがない方でも簡単に利用できるため、AIライティングツールを使ったことがない方におすすめです。

そこで、この記事では「Catchy(キャッチー)」の基本情報から使い方、性能まで徹底的に解説しました。
「Catchy(キャッチー)」の使い方を知り、ブログ記事作成を効率化することで、最速で学びを得て、アクセスを増やしていきましょう。

あぶちゃ

「海外の最新技術にくわしいエンジニア」あぶちゃが、「Catchy(キャッチー)」を使った際のレビューと使いこなすための方法を解説します。

「Catchy(キャッチー)」の一般的な使い方だけでなく、「Catchy(キャッチー)」を使って「網羅的で質の高い記事」を作成するおすすめの方法についても解説しました。

「Catchy(キャッチー)」によって「どのような記事が生成されるのか」や「どのように記事の作成を効率化できるのか」のイメージができますので、ぜひ参考にしてみてください。

「Catchy(キャッチー)」は、クレジットカードの登録が必要なく利用できる「無料プラン」がありますので、まずはどんな感じで使うことができるのかを試してみることをおすすめします。

【Catchy(キャッチー)公式サイト】 AIがライティング【Catchy】

この記事でわかること
  • AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」の機能と料金プラン
  • 「Catchy(キャッチー)」の登録方法
  • 「Catchy(キャッチー)」の使い方
  • 「Catchy(キャッチー)」の評判とレビュー
  • 網羅的で質の高い記事を書くおすすめの使い方

AIライティングツールは「Catchy(キャッチー)」以外にもあり、あなたに合ったAIライティングツールを選ぶことが重要です。

こちらの【2023年版】効率10倍でアクセスを増やす!ブログ記事作成におすすめのAIツール5選で、おすすめのAIライティングツールを5つ紹介しています。
AIライティングツールを使いこなすために絶対に知っていなければならない注意点も解説していますので、あわせてご覧ください。

目次

高品質な文章を簡単に生成できる「Catchy(キャッチー)」

AIライティングツール「Catchy」メイン画面

運営会社の概要

まずは、簡単に「Cathy(キャッチー)」の運営会社の基本情報をまとめておきます。
創業は2018年であり、本社は東京の1等地である渋谷に構えています。

社名株式会社デジタルレシピ
代表伊藤新之介
創業2018/02
資本金41百万円
本社東京都渋谷区神宮前3-5-13
「Catchy」の運営会社の概要

特徴

「Catchy(キャッチー)」は、

  • 日本語で安心して利用できる
  • 簡単に質の高い記事を作成することができる
  • 100種類を超える生成ツールを使うことができる

という特徴を持っています。一つずつ、説明していきます。

日本語で安心して利用できる

AIツールというとアメリカなどの海外企業が運営しているものが多く、日本語で利用できるものが少ないです。

しかし、「Catchy(キャッチー)」は、数少ない日本企業が運営しているAIライティグツールです。
そのため、日本語で利用でき、なにかあったときも日本語で問い合わせることができますので安心して使うことができます。

簡単に質の高い記事を作成することができる

よく作り込まれたAIライティングツールで、たくさんの生成ツールがありますが、インターフェースがわかりやすいので誰でも簡単に使うことができます。

生成ツールごとに必要な情報は変わってきますが、どの生成ツールでも誰でも簡単に生成できるようによく配慮されており、一番、シンプルな方法の場合、書きたいキーワードを教えてあげるだけで、あっという間にブログ記事が完成します。

100種類を超える生成ツールを使うことができる

ブログ記事の生成のみならず、用途に応じて100種類以上の生成ツールを使うことができます。

例えば、以下の用途の文章も生成することができます。

  • 広告やプロモーションの文案作成
  • マーケティングの提案
  • メールやチャットの返信
  • SNS投稿

主な機能・用途

Open AIのAIモデルである「GPT-3」を搭載したAIシステムを採用しており、人間が書いたような自然な文章を書くことができます。

「文章を書く」という作業全般ができ、広告、資料作成、webサイト制作、セールスレターなど様々なシチュエーションに対応しています。

以下に、100種類以上あるツールの中から使う機会が多い、生成ツールをいくつかピックアップしました。

利用できる生成ツールの一例
  • キーワードから文章生成:入力したキーワードをベースに、文章を生成
  • 記事アイデア:テーマとターゲット層を入力すると、記事アイデアを生成
  • 記事アイデア(商品紹介):商品(サービス)に関連した記事のアイデアを生成
  • 記事タイトル:記事のタイトルを生成
  • 記事の導入文:記事の導入文を 2 つ生成
  • 記事の見出し:ブログやオウンドメディアにおける記事の見出しを生成
  • 記事の本文:与えられたタイトル、導入文、見出しに基づいて 記事本文を生成
  • 記事の結論:記事の結論を生成
  • メタディスクリプション:WEB サイトのメタディスクリプションを生成
  • 文章をリライト:既存の文章の書き方を変えたり、新たなワードを加えたりすることで、文章に変化を加える
  • ユーザーの課題(キーワード編):新規事業の潜在ユーザーが抱える問題を生成
  • ターゲット像をより鮮明に:ビジネスのターゲット層を入力するだけで、ターゲット像を鮮明にする
  • CTA(読者への行動喚起):広告などで使える CTA を生成

その他の生成ツールは、AIがライティング【Catchy】 から簡単に確認できます。

実績

「Catchy(キャッチー)」は、2022年6月にリリースされ、開始2ヶ月でTBSやデイリースポーツなど大手メディアが取り上げ、会員数1万人を突破しています。2023年2月、リリース後9ヶ月後には、会員数5万人に達しています。

利用者がどんどんと増えており、今、話題のAIライティングツールです。

導入している企業も増えており、以下の企業が導入しています。

「Catchy(キャッチー)」を導入している企業

  • 面白法人カヤック
  • THE SEED
  • Minato
  • M & A Cloud
  • COSOJI
  • NEWS TV
  • WAOCON

こんな人におすすめ

多機能で、簡単に記事を生成できるようによく作り込まれたツールにもかかわらず、お手軽な金額で利用できるため、AIライティングツールを使ったことがない方の最初の利用としておすすめです。

料金プラン

「Free」,「Starter」,「Pro」の3つの料金プラン

「Catchy(キャッチー)」の料金プランは、「Free」、「Starter」、「Pro」の3つのプランがあります。

スクロールできます
FreeStarterPro
料金無料3,000円/月9,800円/月
文字数の制限毎月10クレジット付与毎月100クレジット付与無制限使い放題
機能制限全機能利用可能全機能利用可能全機能利用可能
「Catchy」の料金体型

生成ツールごとにクレジットを消費

「Catchy(キャッチー)」は、生成ツールごとに使用するクレジットが決まっており、生成ツールを使うごとにクレジットを消費します。

「Pro」プランの場合、無制限にすべての生成ツールを使い放題ですが、
「Free」プランと「Starter」プランは、毎月、クレジットが配布されてそのクレジットの数に応じて、使用できる生成ツールの回数が決まってきます。

例えば、生成ツールごとで必要なクレジットは以下になります。

生成ツールごとで必要なクレジットの一例
  • キーワードから文章生成:3 クレジット消費
  • 記事アイデア:1 クレジット消費
  • 記事アイデア(商品紹介):1 クレジット消費
  • 記事タイトル:1 クレジット消費
  • 記事の導入文:2 クレジット消費
  • 記事の見出し:1 クレジット消費
  • 記事の本文:4 クレジット消費
  • 記事の結論:1 クレジット消費
  • メタディスクリプション:1 クレジット消費
  • 文章をリライト:1 クレジット消費
  • ユーザーの課題(キーワード編):1 クレジット消費
  • ターゲット像をより鮮明に:2 クレジット消費
  • CTA(読者への行動喚起):1 クレジット消費

AIライティングツールを使い始めるとあなたに合ったやり方を見つけるため、色々と試してみたくなります。
よって、生成できる文字数が限られていると使いづらく感じるかと思います。

そのため、初月だけでも「Pro」プランに登録することをおすすめします。
その後、あなたの利用状況に応じて購入するクレジットの数を選べる「Starter」プランへの変更を検討しましょう。

スポンサーリンク

「Catchy(キャッチー)」の無料プランの登録方法

公式ウェブサイトにアクセス

まずは、こちらの「Catchy(キャッチー)」の公式ウェブサイト AIがライティング【Catchy】 にアクセスしてください。

その後、「クレカ登録不要で無料ではじめる」をクリックしてください。

「Catchy(キャッチー)」無料プラン登録
公式ウェブサイト 「クレカ登録不要で無料ではじめる」

会員登録

現在(2023年5月)の段階では、「Googleアカウント」または「Facebookアカウント」での登録のみ対応しています。

利用したいアカウントに応じて、「Googleで続ける」 か「Facebookで続ける」をクリックしてください。

「Catchy(キャッチー)」無料プラン登録画面
「Catchy(キャッチー)」無料プラン登録画面

アカウントの選択

以下は、「Googleアカウント」を使用して登録する方法です。

登録したいアカウントを選んでください。

「Catchy(キャッチー)」無料プラン登録アカウントの選択
「Catchy(キャッチー)」無料プラン登録アカウントの選択

登録完了

以上で、「Catchy(キャッチー)」の登録は完了です。

以下の画像は、「Catchy(キャッチー)」のメイン画面である「ダッシュボード」になります。

左側の「生成ツール」をクリックすることで、100以上ある生成ツールの中から使用したいツールを選んで利用を開始できます。右上に現在、所持しているクレジット数の記載があります。

「Catchy(キャッチー)」無料プラン登録ダッシュボード
「Catchy(キャッチー)」ダッシュボード

「Catchy(キャッチー)」の使い方

「Catchy(キャッチー)」記事制作ツール
「Catchy(キャッチー)」記事制作ツール

以下の4つのステップで一つの記事が完成するとても便利な「Catchy(キャッチー)」の「記事制作」機能の使い方をお話しします。

  1. タイトル作成
  2. 導入文作成
  3. 見出し作成
  4. 本文作成

一つ一つの使い方を見ていきましょう。

タイトル生成

「Catchy(キャッチー)」タイトル作成
「Catchy(キャッチー)」タイトル作成

まずは、「タイトル生成」です。この生成ツールは、1 クレジットを消費します。

作成したい記事のトピックを入力するだけで、10個のタイトル案を考えてくれます。

【質問内容】記事のトピックを教えてください

入力した内容:家庭で簡単にできるエコな生活のコツ

「タイトル生成」 結果
  1. 家庭でエコなライフスタイルを実践するための10のアイデア
  2. 【専門家の提言】簡単にできるエコな生活への5つのステップ
  3. エコな生活を送るためのヒント:地球環境にやさしい暮らし方とは?
  4. 家庭でエコな消費行動を習慣化する5つの方法
  5. 家庭でエコな消費行動を習慣化する5つの方法
  6. 地球に優しい暮らし方:家庭で気軽に実践できるヒント10選
  7. 生活プランを立てて、CO2排出量を減らすことができますか?
  8. 賢くエコな暮らしを実践する5つの戦略
  9. 家庭でもらえるオールインワン型「自然派」清掃剤が話題沸騰!
  10. 【特集】グリーンライフスタイル:家庭で節約しながらエコな生活

この10個のタイトル案の中から一番、あなたが書きたいトピックにあったタイトルを選択してください。

今回は、「【高効果】家族で実践できるエコな生活改善計画」を選択しました。

導入文作成

「Catchy(キャッチー)」導入文作成
「Catchy(キャッチー)」導入文作成

2つ目の生成ツールは「導入文作成」です。この生成ツールは、2 クレジットを消費します。

先ほど選んだタイトルが自動的に入力されており、追加で「何について書きたいか」を入力します。

そうすると、あなたのイメージにあった導入文を考えてくれます。

【質問内容】何について書きたいか、少し教えてください。

入力した内容:エコな生活の重要性と家族での実践のメリットについて解説したい。内容としては、「エコな生活の基本」、「家族でできるエコな習慣」、「エコな食生活を送る方法」、「エコな家事の方法」、「エコな趣味と教育」、「家族で楽しんでエコ生活を送るメリット」を解説したい。

「導入文作成」 結果
  1. 環境保護の観点から、私たちが行う家庭でのエコな生活が注目されています。今回は、家族全員が参加できる「エコな生活改善計画」についてご紹介します。記事内では、エコな生活の基本や、家族でできるエコな習慣、エコな食生活、エコな家事の方法、エコな趣味と教育、そして家族で楽しんでエコ生活を送るメリットなど、具体的なアイデアを掲載しています。家族みんなが気持ちよく暮らせる、エコなライフスタイルにチャレンジしてみませんか。
  2. 地球温暖化の一因である二酸化炭素排出量削減に繋がるエコな生活を、家族全員で実践することができます。今回は、家族で実践できる「エコな生活改善計画」についてご紹介します。具体的には、エコな生活の基本、家族でできるエコな習慣、エコな食生活を送る方法、エコな家事の方法、エコな趣味と教育、そして家族で楽しんでエコ生活を送るメリットについて解説しています。従来の生活と大きな変化がなく、小さな工夫で取り入れられるアイデアが満載です。是非参考にして、家族と共にエコなライフスタイルを始めてみてはいかがでしょうか。

2つの導入文の中でよりあなたのイメージにあった導入文を選択してください。

今回は、2つ目の導入文を選択しました。

見出し作成

「Catchy(キャッチー)」見出し作成
「Catchy(キャッチー)」見出し作成

3つ目の生成ツールは「見出し作成」です。この生成ツールは、1 クレジット消費します。

「タイトル生成」と「導入文作成」ツールで作成&選択したタイトルと導入文が自動的に入力されています。

作成を行うと、見出しを考えてくれます。

「見出し作成」 結果
  1. エコな生活を実践するための基本知識
  2. 家族全員でできるエコな習慣の取り入れ方
  3. エコな食生活を実践する方法
  4. 家族で楽しむエコな趣味と教育のアイデア

「タイトル」と「導入文」に合う4つの「見出し」を考えてくれます。

本文作成

「Catchy(キャッチー)」本文作成
「Catchy(キャッチー)」本文作成

最後に、記事を完成させるための「本文作成」です。この生成ツールは、4 クレジット消費します。

与えられた「タイトル」、「導入文」、「見出し」に基づいて 1,200〜1,500 文字程度の記事本文を生成してくれます。

作成を行うと、それぞれの「見出しごとの本文」と「結論」を作成してくれます。

「本文作成」 結果

家族で実践できる、効果の高いエコ生活改善計画。

地球温暖化の原因の一つである二酸化炭素の排出量削減につながるエコな生活習慣を、家族みんなで実践することができます。今回は、家族で実践できる「エコな生活改善計画」を紹介します。具体的には、エコな暮らしの基本、家族で実践できるエコな習慣、エコな食生活の送り方、エコな家事、エコな趣味や教養、家族みんなで楽しむエコな暮らしのメリットなどを解説しています。これまでのライフスタイルを大きく変えることなく、小さな工夫で取り入れられるアイデアが満載です。ぜひ参考にして、家族でエコなライフスタイルを始めてみてはいかがでしょうか。

1:環境に配慮した生活を実践するための基礎知識

エコな暮らしは、基本的なことをよく理解することから始めましょう。エコな暮らしの基本的な3原則は、「リデュース」「リユース」「リサイクル」です。廃棄物を減らし、材料を再利用し、資源をリサイクルすることは、環境への影響を減らすための主な方法です。また、どのような製品を購入するかを考えることも重要です。包装が最小限または全くなく、持続可能な材料で作られ、過剰な加工を避け、有害な成分が最小限または全くない、環境に優しい製品だけを買うようにしましょう。エコフレンドリー」と表示されている製品については、必ずラベルを読んで、本当にサステナブルかどうかを確認するようにしましょう。

2:家族全員でエコな習慣を取り入れる方法

家族でエコな習慣を取り入れる方法はたくさんあります。まず、使わないときは照明や電化製品の電源を切る、充電器のプラグを抜く、エネルギー効率の良い電球を使うなど、エネルギーを節約することから始めましょう。有機栽培や地元産の食品など、環境に配慮した製品を購入するようにしましょう。水筒やバッグなど、使い捨てではなく、再利用可能なものを購入する。ゴミを減らし、リサイクルすることの重要性を家族に教える。公共交通機関を利用し、長距離の移動には相乗りをするよう家族に勧める。最後に、生ゴミの堆肥化、有害廃棄物の適切な処理、観葉植物や屋外の植物の手入れの重要性を家族に理解してもらいましょう。

3:環境に配慮した食生活の実践方法

環境に配慮した食事は、二酸化炭素排出量を減らすのに最適な方法です。有害物質や化学物質を含まない、有機栽培や地元産の食品を摂取するようにしましょう。包装された食品や加工食品を購入する代わりに、料理を工夫して一から作るようにしましょう。ベジタリアンの食事を増やすことも、環境に良い影響を与えます。生産に大量の資源を使用する赤身肉の消費量を減らすようにしましょう。持続可能な方法で調達された魚介類を食べることも、環境への影響を減らす方法のひとつです。肉や乳製品を避けることは、環境にとって多くの利益をもたらします。

4:家族みんなで楽しめるエコな趣味・教育アイデア

家族全員でエコ活動に参加することは、持続可能な生活の重要性を教育する良い方法です。例えば、ガーデニングや観葉植物の飼育、バードウォッチング、自然散策やハイキング、コンポストやリサイクルについて学ぶ、地元のファーマーズマーケットを訪れる、近所の清掃活動を行うなどが挙げられます。また、環境問題について調べる、市民科学プロジェクトに参加する、清掃活動や自然保護活動にボランティアとして参加するなど、より教育的な活動もあります。

結論

環境に配慮したライフスタイルを送ることは、環境への影響を減らすために重要です。環境にやさしい習慣を身につけるために、家族でできることはたくさんあります。まずは、リデュース、リユース、リサイクルといった基本的なことを理解することから始めましょう。そして、エネルギーを節約し、持続可能な製品を購入し、使い捨ての製品を避けるなど、環境に配慮した習慣を取り入れましょう。食生活も、地元の食材やオーガニックの食材を使い、赤身肉や魚介類の摂取を控えるなど、環境に配慮したものにしましょう。最後に、環境にやさしい趣味や教育的な活動を工夫することです。環境にやさしいライフスタイルに切り替えることは、環境への負荷を減らし、家族全員に利益をもたらす簡単で実りある方法です。

「Catchy(キャッチー)」を使う時の注意点

ここでは、より効果的に「Catchy(キャッチー)」を使うための注意点を2つお話しします。
「Catchy(キャッチー)」を上手に活用するためにしっかりと注意点を把握し、効率的で質の高い記事作成を作成していきましょう。

注意点は、以下の2つです。

  • わかりやすい文章を使って入力する
  • 生成された文章の確認&修正が必要

1つずつお話しさせていただきます。

わかりやすい文章を使って入力する

1つ目の注意点は、記事を作成する際に「Catchy(キャッチー)」に指示する文章を「わかりやすい文章を使って入力する」ことです。

「Catchy(キャッチー)」はAIが文章を生成するツールなので、入力した文章が複雑だと、生成される文章も複雑になってしまう可能性があり、かつ意図した通りの結果にならないです。

「Catchy(キャッチー)」内にも以下の記述があり、よりわかりやすい記事を書くために以下のことを注意することを推奨しています。

よりよいコピーを作成するために
  • 略語はできるだけ使わず、正式名称を使いましょう
  • 専門性の高い用語は説明を加えましょう
  • 抽象的な表現は避けて、具体的に書きましょう

自分が書きたい内容をシンプルに分かりやすい言葉で入力することが大切です。

よりわかりやすく具体的な文章で入力してあげることで、正確にあなたの思い描いた通りの文章を生成しましょう!

生成された文章の「確認」と「修正」が必要

2つ目の注意点は、生成された文章をそのまま使用するのではなく、必ず内容が間違っていないかの「確認」を行い、必要に応じて「修正」が必要だということです。

「Catchy(キャッチー)」はとても優秀なAIライティングツールですが、完璧な記事を作り出すわけではありません。生成された文章はあくまで「ドラフト」と考え、それをユーザー自身が確認し、必要な修正を加えることが大事です。

毎回、以下のことを確認するようにし、適宜、修正していきましょう。

確認が必要な箇所
  • 文章の流れが自然でない部分
  • 文脈に合っていない部分
  • 情報が間違っている部分

「Catchy(キャッチー)」はあくまでアシストツールで、最終的な品質はあなた自身の手による確認と修正によって決まるということをしっかりと認識した上で、使うことが重要です。

スポンサーリンク

「Catchy(キャッチー)」の評判

良い評判

Twitter上でも「Catchy(キャッチー)」を使うことで、記事作成の効率が上がったという声が多かったです。

ロングテールキーワード狙いで、「Cathcy(キャッチー)」を使ってgoogle検索1位を取ったという報告もありました。

いまいちな評判

いまいちな評判には、「Chat GPT」で十分という声や「Chat GPT」と比較して、月1万円(Proプラン)かかってしまうのがデメリットという声がありました。

「Chat GPT」を使って精度の高い結果を得るための「プロンプト」についてすでに詳しい方は、「Chat GPT」でも十分かもしれません。しかし、「Chat GPT」から求めている回答を得るためにはコツがいりますので、簡単に記事生成をしたいという方は、「Catchy(キャッチー)」がおすすめです。

あなたの状況に応じて、使いやすいほうを選びましょう。

「Chat GPT」を使ってみたい!という方に向けて【2023年最新】OpenAI AIツール一覧!Chat GPTだけじゃない驚愕のAIモデルで「Chat GPT」を含むOpen AIのAIツールについて解説しています。

「Catchy(キャッチー)」のレビュー:すごいところ

それでは「Catchy(キャッチー)」使ってみた感じた「すごいところ」と「気になるところ」をそれぞれお話させていただきます。

ブログ記事に最適化された質の高い文章を一瞬で生成できる

「Catchy(キャッチー)」の一番のすごいところは、ブログ記事に特化した質の高い文章を瞬時に生成できる点です。

ブログ記事用に最適化されたAIツールですので特別なことをしなくてもブログ記事にあった文章が生成されます。
また、本来であれば、数時間かかるような文章を書きたいトピックを指定するだけで、ものの数秒で作成することができます。

「Catchy(キャッチー)」を使うことで、効率的に質の高い文章を作成してアクセスを増やしていきましょう!

記事のアイデアを得ることができる

「Catchy(キャッチー)」を使うと、単に文章を生成するだけでなく、記事のアイデアを得ることができます。

指定したテーマに関連するさまざまな視点からの「見出し生成」や「記事生成」をおこなってくれるため、あなた自身が「見落としている」もしくは「知らなかった」新しいアイデアを得ることができます。

また、提供されている生成ツールに、テーマとターゲット層を入力すると記事アイデアを生成してくれるものもあります。

「Catchy(キャッチー)」を使って記事のアイデアを得ることで、幅広い読者層に対応したオリジナリティ溢れる記事を作成していきましょう!

ブログ記事用の生成ツールが豊富で、自分にあった方法が見つかる

やはり「Catchy(キャッチー)」の使うことができる生成ツールの種類は100種類以上というのは、他のAIライティングツールと比較しても目をみはるものがあります。

ブログ記事用の生成ツールもたくさんの種類があり、あなたは自身の使い方にあわせて最適なツールを選択できます。

これにより、あなた自身の記事作成プロセスを最適化し、クオリティの高いコンテンツを効率的に作成していきましょう!

「Catchy(キャッチー)」のレビュー:気になるところ

生成できる文章が短い

「Catchy(キャッチー)」の「記事制作」ツールの気になる点の一つは生成される文章が短いことです。

また、「見出しを多く含んだ長文の記事を作成したい」と数多くの見出しを指定してしまうと、一度に生成できる文章の長さが制限されているため、途中で生成できる文字数の限界に達してしまい文章が途切れてしまう可能性もあります。

「記事制作」ツールを使った場合の生成される文章は1,200〜1,500 文字程度であり、正直、ブログ記事としては十分ではない長さだと思います。

網羅的な記事を書くために工夫が必要

もう一つの気になる点は、網羅的な記事を書くために工夫が必要であることです。

「Catchy(キャッチー)」が生成する文章は、与えられたテーマに基づいて適切な内容を書いてくれますが、必ずしもテーマの全ての側面を網羅するわけではありません。

検索エンジン最適化(SEO)で上位表示するためには、読者の悩みをしっかりと解決できるように、記事の網羅性がとても重要です。

記事の網羅性を高めるためには、あなた自身が情報を補完したり、関連する見出しを追加したりする工夫が重要です。

網羅的で質の高い記事を書くおすすめの使い方

以上の気になるところを解決し、読者の悩みをしっかりと解決できる網羅的で質の高い記事を作成するためには、「記事制作」ツールではなく他の生成ツールを組み合わせて記事を作成していくことが重要です。

特に重要なのは作成する記事の「見出し」をあなた自身で考えることです。

「Catchy(キャッチー)」の生成ツールの一つである「記事の見出し」ツールを使いつつ、狙っているキーワードで実際にGoogle検索してみて、上位表示されている記事の見出しの内容も含めて、「見出し」をあなた自身で考えてみてください。

そして、記事の本文を作成する際は、

「記事の本文(見出しごと)」という生成ツールを使って見出しごとに記事を作成し、後で一つの記事にまとめるという方法がおすすめです。

“最後に” 「Catchy」でブログ記事作成を10倍効率化! | まとめ

ブログを始めたばかりのころはアクセスが少なく、あなたのブログの方向性があっているかとても不安ですよね。

AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」を使うことで、網羅的で質が高い記事を短時間で生成することができます。

記事を増やしていくことで、作成した記事の中で「アクセスがある記事」と「アクセスがない記事」がでてきます。
その違いを知ることで、どういう記事を書けばいいのかを体感として学ぶことができます。

そうすることで、あなたのブログの方向性があっているか早い段階で判断することができ、最速でアクセスを増やしていくことができます。

この記事では、「Catchy(キャッチー)」の機能、料金体系や使い方などを詳細に解説しました。
「Catchy(キャッチー)」の評判も非常に高く、多くのユーザーが効果を実感しています。

この記事で「Catchy(キャッチー)」の使い方を学ぶことで、網羅的で質が高い記事を短時間で生成し、最速でアクセスを増やしていきましょう!

【Catchy(キャッチー)公式サイト】 AIがライティング【Catchy】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あぶちゃのアバター あぶちゃ AI×Pyhonエンジニア

AI×Pythonの力で日常をもっと便利にするアイデアを紹介するブログ「AI Life Hacks」を運営中。
本業は、大手メーカーの機械系研究職であり、将来技術の研究やpythonによる機械学習などを用いたデータ分析に主に携わっている。

【実績】
20代で年収1000万を実現
5年間のドイツ駐在を通して、世界の最新技術に精通
訪れた国は30カ国以上

目次